2020年9月25日金曜日

第29回チェンソー・刈払機無料点検整備会

 大豊町森林組合では、日頃の感謝の気持ちをこめて、10月4日(日曜日)午前9時から午後3時まで、チェーンソー・刈払機の無料点検会を開催いたします。 メーカー・機種は問いませんので、お手持ちのチェーンソー・刈払機を、当日もしくは、平日に、ご持参ください。但し、部品代は実費を頂きます。 なお、今回も刃物研ぎは行いませんのでご了承ください。 新型コロナウイルス感染症予防対策のため、マスク着用でのご来場、手指のアルコール消毒等のご協力をお願いいたします。 詳しいことは、大豊町森林組合までお問合せ下さい。

2020年7月13日月曜日

会社説明会・林業就業ガイダンス

7月11日高知市サンピアセリーズにて、高知県林業大学校研修生対象とした会社説明会と林業就業ガイダンスがありました。 午前中は会社説明会で、森林組合や素材生産会社合わせて18社のプレゼンテーションがあり、当森林組合も発表してきました。会社説明会でのプレゼンテーションは当組合初参加で、資料作りなどプレゼンの内容も手探りで作りましたが、なんとか説明することができました。他の事業体の方のプレゼンテーションも大変参考になりました 午後からの就業ガイダンスでは、当森林組合のブースを訪れた6人の研修生と面談することができました。令和2年度1回目のガイダンスということもあり、深い話まではできませんでしたが、研修生が今、感じていることを話すことができました。 インターンシップの話もあり、受入れ時の体制や、研修期間中の宿泊場所の確保など、調整が必要なことがわかりました。 会社説明会での発表を通じて、当森林組合の情報を発信することができたのでいい機会になりました。ホームページ等でも情報発信していきたいと思います。

2020年2月22日土曜日

おおとよ小学校林業体験

2月6日、大豊町のおおとよ小学校で、森林学習を行いました。僕自身おおとよ小学校での林業学習は初めてでしたが、4年生が積極的に学習に参加してくれたので、スムーズに進行することができました。シイタケの植菌は初めての子が多く、楽しんでやっていました。心配されていたドリルも、使用前に注意点等を説明し、一緒について使ったので、危ない場面もなく作業できました。終わった後、原木に穴をあけてフロア内には木くずが大量にでましたが、それをみんなできれいに掃除している姿にはすごく感心

しました。水源林育成士の方でも、2~3年前から小学校林業学習をやっていて、シイタケ植菌の実施はないですが、山の水源涵養機能、土流防止機能 の学習を通じ、子供たちが山の興味をもってもらえるように森林学習活動しています。次世代を担う林業者の育成には、まず子供のころからの森林学習が非常に大切だと思っています。山に興味を持ってもらい、山の仕事をやってみたいという気持ちが湧いてくるようにしていき、林業従事者後継者の育成につなげていきたいです。

2019年12月9日月曜日

森林施業プランナー研修


126日に森林施業プランナ-研修が香美市の森林研修センターであり、参加してきました。香美森林組合の担当者の方に提案型集約化施業の進め方を解説していただき、スマートフォンやドローン、スイングヤーダやプロセッサなどの林業機械を現場に導入している現状を知り、林業に最先端の技術を使っていることなど講義していただきました。また、グループワークでは実際に森林経営計画を作成しましたが、山林に関する色々な情報や知識が必要なため森林経営計画の作成の難しさを実感しました。提案型集約化施業の進め方の基本を知ることができ、今後の業務に役立てていきたいと思いました。

令和元年度 第3回森林組合支援ワーキング

12月5日に令和元年度 第3回森林組合支援ワーキングへ参加してきました。内容としては、森林技術センターの指導員の方に「作業システムにおける工夫事例」や「列状間伐における労働安全」について資料を交えて、詳しくご講義していただきました。またその後は香美市の山林にて、「安否確認・日報管理システム」と「列状間伐における作業システムの工夫等」について、現場技術員の方からお話を聞くことができました。スイングヤーダによる列状間伐の現場で使用されている方法や、機具を見せてもらい、また作業での問題点や注意点の説明を受けました。他には専用のスマートフォンを導入することによって、現地で作業記録を入力して、出役簿を管理したり、現場技術員の救命が必要な状況を自動で確認して安否確認を行うことが出来るとのことで非常に感銘を受けました。実際に施業現場を視察しながら、説明を聞くことで以前より内容を理解し、イメージすることが出来るようになったので、今後の仕事に活かしていきたいと思います。